今月の静岡県内金融経済の動向について、日本銀行静岡支店はほとんどの項目で先月から横ばいとの判断を示しました。
画像: 1月の静岡県内金融経済状況は「先月から横ばい」 7項目中6項目で12月と同評価「持ち直している」 日銀静岡支店 youtu.be

1月の静岡県内金融経済状況は「先月から横ばい」 7項目中6項目で12月と同評価「持ち直している」 日銀静岡支店

youtu.be

 日銀静岡支店は、1月の県内金融経済について全体として「新型コロナや供給制約の影響が徐々に和らぐもとで持ち直している」と、2カ月連続で同じ評価としました。

 項目別に見ても、「個人消費」や「設備投資」「輸出」など、7項目のうち6つで先月から横ばいとの評価を出しています。

 唯一、「生産」については自動車や自動車部品の分野で「供給制約の影響を残しながらも基調としては持ち直している」として2ヵ月ぶりに判断を上方修正しました。

This article is a sponsored article by
''.