静岡市は29日、新たに清水区の特別養護老人ホームでクラスターが発生した、と発表しました。職員11人と入所者10人の計21人が感染、このうち16人が軽症、5人が無症状だということです。全員がワクチンを2回接種済みで、職員50人の検査を予定しています。感染経路は不明で、感染拡大の原因として施設の性質上、入所者のマスク着用などが難しかったため、としています。施設はショートステイの受け入れを中止し、それ以外のは業務は継続します。
 また、静岡刑務所のクラスターも、新たに被収容者4人の感染が判明し、これまでに分かっている職員13人と合わせ、感染者は計17人になりました。
画像: 静岡市役所

静岡市役所

This article is a sponsored article by
''.