昨秋の高校野球東海大会で準優勝した静岡県浜松市の聖隷クリストファー高校が、センバツ大会の出場校に落選し、疑問の声が広がっている問題で、浜松市の鈴木康友市長は10日、「大きな汚点。将来に禍根を残す」と述べました。
画像: 浜松市 鈴木康友市長 10日

浜松市 鈴木康友市長 10日

 記者会見で、聖隷クリストファー高校のセンバツ落選に対する受け止めを問われた鈴木市長。「外野から言うことではないかもしれないが…」と前置きをしながらも、怒りの思いを口にしました。

浜松市 鈴木康友市長:「今回、準優勝校をセンバツから外した。この恣意的な選定は、センバツ高校野球史上大きな汚点となって将来に禍根を残す、と。それくらい僕も憤っています。選考理由もふざけていると。『個人の力量で見極めた』みたいな、何を言っているんだと。結果を出した子どもたちがかわいそうじゃないか。まったく腑に落ちない選考理由だと。

 もう1つ言いたいのは、静岡県の高野連が何でもっと厳重に抗議しないんだと、当事者としてもっと毅然とした対応を取ってほしいなと思います。

 一方で、選手の皆さん、たぶん相当悔しい思いをしていると思いますけど、一生懸命練習に励んで次を目指すということで、気持ちを切り替えていると聞いていますので、ぜひこの悔しさをバネに、次に向けてしっかり頑張っていただきたいと思っています」

This article is a sponsored article by
''.