前線を伴う低気圧の影響で、静岡県内は26日夜から翌27日にかけ大雨となる恐れがあります。土砂災害や河川の増水に注意が必要です。
画像: 【気象情報】静岡県内で大雨の恐れ 27日朝までに雷を伴う激しい雨の可能性も 土砂災害など警戒を youtu.be

【気象情報】静岡県内で大雨の恐れ 27日朝までに雷を伴う激しい雨の可能性も 土砂災害など警戒を

youtu.be

 静岡地方気象台によると、日本海にある低気圧に向かって温く湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定となり県内も所によっては雷を伴う激しい雨や非常に激しい雨となる恐れがあります。
 あす27日朝までの24時間雨量は多いところで中部・西部・東部で300ミリ、伊豆で200ミリと予想されています。雨雲が停滞すれば警報級の大雨となる可能性もあり、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などへの警戒を呼びかけています。

This article is a sponsored article by
''.