リニア中央新幹線のトンネル工事をめぐる大井川の水問題で、JR東海が山梨県側の工事で出た水を大井川に戻すなど、具体的な方法を静岡県に提示しました。
画像: JR東海が具体策を静岡県に提示 リニアのトンネル工事巡る水問題 山梨県側で出た水を大井川に戻すなど youtu.be

JR東海が具体策を静岡県に提示 リニアのトンネル工事巡る水問題 山梨県側で出た水を大井川に戻すなど

youtu.be

 リニア新幹線のトンネル工事は、大井川の源流となる湧き水を流出させて川の水量が減るとして、県が着工を認めていません。このため静岡工区だけが未着工のままです。
 JR東海は26日午前、県に対して大井川から山梨県側に流出した湧き水と同じ量を、山梨県内のトンネル工事で出た水で補うことや、大井川上流の田代ダムから山梨県に放流されている水を制限するなどの具体案を示しました。今後、静岡県の専門部会で検討が進められるものとみられます。

This article is a sponsored article by
''.