8日行われた春の高校野球静岡県大会決勝は、一体感を合言葉に4年ぶりの優勝を目指す静岡高校と創部以来初の決勝の舞台に上がった浜松開誠館高校が対戦しました。
画像: 【映像】浜松開誠館高校が初優勝…静岡高校を下す 春の高校野球静岡県大会 youtu.be

【映像】浜松開誠館高校が初優勝…静岡高校を下す 春の高校野球静岡県大会

youtu.be

 1回の静高、マウンドにはプロ注目のエース・吉田。1アウトを取った後、5者連続のフォアボール、押し出しで2点を失い、エース・吉田がマウンドを降ります。続くサウスポーの亀井。押し出しとレフト前タイムリーヒットでさらに2点を失い、静高がいきなり4点を追いかける苦しい展開となります。

 さらに1点を追加され、迎えた4回。得点圏にランナーを進めると、マウンドを託された亀井がライトオーバーのタイムリー3ベース、1点を返し反撃ののろしを上げると、続く山本のセカンドゴロの間に3塁ランナーがホームイン、2点を返します。

 一方、春の大会初優勝を目指す浜松開誠館は7回1アウト1塁から4番斎藤。
(実況)下がって、下がって、入った~。初優勝を大きく手繰り寄せる2ランホームランとなりました。

 5点を追いかける静高は8回、2アウトから連打で2点を返し、点差を3点に縮めます。それでも、猛追する静高を振り切った浜松開誠館が春の県大会初優勝を飾りました。

【結果】浜松開誠館 7-4 静岡

This article is a sponsored article by
''.