前線や低気圧などの影響で、静岡県内では12日から雨が降り続いています。14日朝にかけて雷を伴った激しい雨となる見込みで、警戒が必要です。
画像: 静岡県内で降り続く雨 14日朝にかけて雷を伴う大雨の恐れ 気象台が警戒呼びかけ youtu.be

静岡県内で降り続く雨 14日朝にかけて雷を伴う大雨の恐れ 気象台が警戒呼びかけ

youtu.be

 静岡地方気象台によりますと、前線や低気圧に向かって流れ込む、暖かく湿った空気の影響で、県内はあす朝にかけて雷を伴った激しい雨が降り大雨となるところがある見込みです。13日に予想される1時間降水量は、県全域で40ミリとなっています。また、14日朝までの24時間で降る雨の量は、中部、西部、東部で150ミリ、伊豆で200ミリと予想されています。気象台は、土砂災害などに警戒を呼びかけています。

This article is a sponsored article by
''.