キングカズこと三浦知良選手のインタビューです。30年目を迎えたJリーグ、5月15日はそのJリーグが誕生した節目の日です。当時ブームの中心で輝いていたカズ選手。今も現役にこだわる思いを聞きました。

新天地での挑戦

画像: 三浦知良選手

三浦知良選手

JFL鈴鹿ポイントゲッターズ・三浦知良、55歳。去年、J1だった横浜FCからカテゴリーを3つ下げ、JFLへの移籍を決断しました。理由はシンプル。「試合に出るため」。

石田和外アナウンサー:「試合に出たいと今回の移籍を決断して試合に出てサイクルを感じている喜びは?」
カズ:「最高ですね」「週末の試合に向けて、準備してトレーニングして、試合迎えて休んで。その繰り返しで、あっという間に時間が過ぎていく。あっという間に過ぎるということは、楽しいということ」

 新天地での挑戦を始めたカズ選手は、開幕戦から先発出場。会場には、過去最多の4600人を超える観客が詰めかけました。

カズ:「応援してくれる人は人生いいことばかりじゃないけれど、努力すれば必ず報われるという、そういうものを自分に重ね合わせて僕を見てくれている部分もある」「(カズさんの生きざまを)いろいろなところで声をかけられて、サッカーは知らないけどと声をかけられる。そういう風に言ってくれる人が多い」

「Jリーグの創世期を思い出したという人が多かった」

 1993年、5月15日に誕生したJリーグ。カズ選手は、「日本のサッカー界を変えたい」と強い思いを持ってピッチで躍動しました。「サッカーに携わる人が、サッカーで生きていける環境を作れたらいいと思った。それはひとつの文化になる。サッカー文化が根付くということ」

石田アナ:「今回鈴鹿での開幕戦の様子を映像を見ても、30年たって日本でJリーグがブームになったようなことを30年後、鈴鹿でカズさんがもう一度見せてくれているよう」

カズ:「開幕戦で起こったことは、当時の92年のナビスコカップからJリーグに向かっていった時の雰囲気に似ていた。家族も取材に来た当時を知っている人たちも、Jリーグの創世期を思い出したという人が多かった。映像で見てそう思うわけですからね。本当に僕は幸せですね」

試合会場をエコパに変更…異例の対応

 JFL鈴鹿のカズ選手は、ここまでリーグ戦6試合で5試合に先発。1日の試合では、チームの逆転勝利に貢献し、今季最長の79分出場。さらに8日の天皇杯代表決定戦では、PK戦、最初のキッカーに。見事決め、優勝経験のある天皇杯出場の切符を手にしました。

カズ:「PK合戦は何度も経験しているし、90分内のPKも何度も日本代表でもクラブでも蹴ってきた。PKはどんな場面でもしびれる」

 カズ選手の加入で、JFLの注目度が高まっています。浜松を拠点とするホンダFCは、7月30日の鈴鹿との試合会場を都田サッカー場から5万人を収容できるエコパスタジアムに変更。異例の対応となりました。

石田アナ:「静岡のファンは喜んでいると思うが、カズさんは?」
カズ:「都田も行ってみたいと思っていた(笑)。子どものころに、都田に試合を見に行ったこともありますし」「でもエコパという素晴らしいスタジアムでピッチに立てるのは、選手にとって大きなモチベーションになる。たくさんのお客さんに見に来てほしい」

「燃え尽きることはない」

画像: 三浦知良選手にインタビューする石田アナ

三浦知良選手にインタビューする石田アナ

 15歳でブラジルへ。19歳でサントスFCとプロ契約して37年目。55歳になっても現役にこだわるカズ選手。

石田アナ:「カズさんの引退の決断はどういう形ですることになる?」
カズ:「難しいですね。本当に自分がトレーニングをしてやれると思ったら、続けるでしょうし」「こうやって試合に出て、トレーニングして試合に出て、今年でつぶれてもいいという気持ちでやっている部分もある。サッカーをプレーを続けたい気持ちは常にあるが、逆にプロとして試合に出続けて、自分の体がこれは無理だと感じるかもしれないし。でもそれでもいいと思ってやっている。それでも燃え尽きることはない」

This article is a sponsored article by
''.