7人制女子ラグビーの国内最高峰の大会が14日から静岡県袋井市のエコパスタジアムで開かれ、トップ選手の熱戦が展開されています。
画像: 7人制女子ラグビー国内最高峰の大会が静岡・袋井市で 16チームが出場…ぶつかりあい、タックル、そしてトライ youtu.be

7人制女子ラグビー国内最高峰の大会が静岡・袋井市で 16チームが出場…ぶつかりあい、タックル、そしてトライ

youtu.be

 「太陽生命ウィメンズ セブンズシリーズ2022」は、7人制女子ラグビーの日本一を決める大会です。シリーズ全4戦中の第2戦が、14、15の両日、エコパスタジアムで行われています。

 競技は合わせて16チームで争われ、静岡県内からは袋井市を拠点に活動する「アザレアセブン」がゲストチームとして参加し、強豪との真剣勝負に臨んでいます。

 選手たちがぶつかりあい、タックルを交わしながら、トライを決める姿は迫力に満ちていました。14日の予選リーグに続き、15日は順位決定戦が行われています。

This article is a sponsored article by
''.