静岡県内では23日、各地で気温が上がり、浜松市天竜区では30℃となり今シーズン初の真夏日となりました。あす以降も平年より気温の高い日が続くみ込みです。
画像: 静岡県で今シーズン初の「真夏日」…浜松市天竜区で30℃ ほとんどの地域で6月上旬から7月上旬並みの暑さ youtu.be

静岡県で今シーズン初の「真夏日」…浜松市天竜区で30℃ ほとんどの地域で6月上旬から7月上旬並みの暑さ

youtu.be

原川朋華記者:「午後3時の浜松市内。半袖でちょうどいい気温ですが、日なたでは太陽の熱がじわじわと伝わり、日傘がほしくなります」

 各地で気温が上がった県内、天竜では午後1時過ぎに全国3番目となる30.0℃となり、今シーズン初めての真夏日となりました。

 このほか、浜松市中心部も今年最高の28・8℃と、県内19の観測地点のうち16地点で6月上旬から7月上旬並みの暑さとなりました。

佐久間:29.4℃、
川根本町:27.6℃

 浜松市の街中でも日傘を差す人や、タオルを頭にかける子ども、水分補給する人たちの姿が見られました。

 県内ではあす以降も平年より気温の高い日が続き、25℃以上の夏日となる場所もありそうです。

 体が暑さに慣れていないこの時期、こまめな水分補給や暑さ対策が必要です。

This article is a sponsored article by
''.