13リットルもの尿をペットボトルに入れて、遊技場の駐車場に捨てたとして、警察は46歳の男を逮捕しました。
画像: ペットボトル27本に自分の尿を… 遊技場の駐車場に廃棄 46歳の男を逮捕 静岡・富士宮市

 不法投棄の疑いで逮捕されたのは、富士宮市小泉の警備員の男(46)です。
男は、去年11月、市内の遊技場の駐車場にペットボトルに入れた尿およそ13リットルを捨てた疑いが持たれています。警察によりますと、350ミリリットルから2リットルのペットボトル合わせて27本に入った尿が、段ボール箱に入った状態で見つかったということで、店舗の従業員からの通報で事件が発覚したということです。店舗の防犯カメラに容疑者とみられる男が映っていたことから
事件への関与が浮上したということで、男は、自宅から車で尿を運んだとみられています。警察は男の認否を明らかにしていませんが、動機や詳しい経緯を調べています。

This article is a sponsored article by
''.