静岡県勢が3季連続の東海制覇です。春の高校野球東海大会は愛知県で決勝が行われ、初出場の浜松開誠館が初優勝を飾りました。
画像: 初出場の浜松開誠館が初優勝 静岡県勢が3季連続で東海制覇 春の高校野球東海大会 youtu.be

初出場の浜松開誠館が初優勝 静岡県勢が3季連続で東海制覇 春の高校野球東海大会

youtu.be

 静岡県大会初優勝の勢いに乗り、初出場の東海大会でも決勝進出を果たした浜松開誠館。岐阜1位の岐阜第一を相手に、2回、9番森がツーアウトからチーム初ヒットで出塁すると、フォアボールを絡め満塁のチャンス。2番吉松がフォアボールを選び、押し出しで先制します。

 開誠館の先発は、マックス143キロの静内。伸びのあるストレートを武器に4回までに5つの三振を奪う好投を見せます。開誠館は5回、再び満塁のチャンスを作ると、6番山口。ライト前へのタイムリーで2点目。さらに8番松井もセンターに打ち返すなど、この回、一挙4点を奪い、試合の主導権を握ります。

 しかし7回、好投を続ける静内が捕まります。岐阜第一の4番小澤にタイムリーツーベースを打たれ、1点を返されます。このあとフォアボールを出したところで、すかさずエース山口にスイッチ。1点は失いましたが、打たせて取る冷静なピッチングでピンチをしのぎます。

 9回には5番斎藤、高々と舞い上がった打球はもう少しで場外という特大ソロホームランでダメ押しの7点目。エース山口も8回9回と3人で抑え、浜松開誠館が東海大会初出場で初優勝。県勢は、去年の春の掛川西、秋の日大三島に続き3季連続の東海制覇となりました。

浜松開誠館
静内龍之介主将:「少しのミスでもチームでカバーし合って、打撃では一球も逃さずに一発で仕留め、要所要所の戦い方が自分たちはできたと思います」

斎藤健介選手:「(9回のホームランは)完璧です」「点差もあってランナーもいないので狙おうと思って、狙って打ちました」

佐野心監督:「1分1秒でも、1イニングでも今の選手と時間を共有したいな、ずっと一緒にいたいなという気持ちが強いので、そのためには一生懸命自分で頑張っていきたいなと思っています」

This article is a sponsored article by
''.