立憲民主党県連の幹事会が開かれ、夏の参院選・静岡選挙区では独自候補を擁立せず、自主投票とする方針が間もなく正式に発表される見通しです。
画像: 参院選静岡選挙区で独自候補の擁立は見送り 自主投票の方針 立憲民主党 youtu.be

参院選静岡選挙区で独自候補の擁立は見送り 自主投票の方針 立憲民主党

youtu.be

立憲民主党県連
小山展弘 副代表:「いよいよ参議院選挙、野党の情勢は流動的になってまいりまして、いろんな動きが出てくると思っている」

 24日に静岡市内で開かれた立憲民主党県連の幹事会では、夏の参院選について議論が交わされました。7月に予定されている参院選の静岡選挙区に立憲民主党県連は、独自候補擁立を目指し調整を進め、党本部に「擁立をすべき」との要望を伝えていました。しかし、擁立に関し慎重な声が多数を占め、時間もなく有力な候補者がいないことから、独自候補の擁立を見送り自主投票とする方針が議論されました。一方、比例区には県内出身の医師で医療グループ代表の男性を擁立する方向で検討が進められています。夏の参院選静岡選挙区には5人が立候補を予定しています。

This article is a sponsored article by
''.