25日、浜松市の交番に軽ワゴン車で突っ込みドアなどを壊したとして、警察は銃刀法違反の疑いですでに逮捕していた男を、建造物損壊の容疑で再逮捕しました。
画像: 交番に突っ込んだワゴン車 25日

交番に突っ込んだワゴン車 25日

 建造物損壊の容疑で再逮捕された浜松市東区小池町のトラック運転手の39歳の男は25日午前4時ごろ、自宅近くの浜松東警察署長上交番に軽ワゴン車で突っ込み、出入り口の扉などを壊した疑いが持たれています。男は事件の後、現場から立ち去っていましたが、自宅付近でカッターナイフを所持した銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されていました

 警察によりますと、防犯カメラに男が運転するワゴン車が交番に正面から突っ込む様子が映っていたということです。警察は意図的に突っ込んだとみて 動機などを調べています。

This article is a sponsored article by
''.