静岡県磐田市は、来月予定されている不発弾の処理に伴う交通規制について発表しました。
画像: 不発弾処理で国道一号などを大規模通行止め 6月26日に最長9時間実施 静岡・磐田市 youtu.be

不発弾処理で国道一号などを大規模通行止め 6月26日に最長9時間実施 静岡・磐田市

youtu.be

 先月、磐田市小立野の住宅街で見つかったアメリカ製の不発弾は、来月26日に処理することが決まっています。これに伴い、市は27日午後開いた臨時の会見で、当日午前8時から大規模な通行止めを実施することを発表しました。通行止めとなるのは、国道1号・磐田市の森岡ICから浜松市東区の北島交差点、天竜川橋を含む県道磐田細江線、避難対象区域内の県道磐田袋井線、豊田竜洋線と市道です。規制は4時間から9時間ほど行われる見込みで、当日の規制解除に関する情報は、市のホームページなどで発信するということです。

This article is a sponsored article by
''.