19日未明、浜松市で軽乗用車を酒気帯び運転した、として48歳の男が逮捕されました。男は事故を起こし、自ら110番通報したのがきっかけで、酒気帯び運転が発覚した、ということです。
画像: 事故を起こして110番通報…検査で基準値超えるアルコール 48歳の男を酒気帯び運転の容疑で逮捕  浜松市

 酒気帯び運転の疑いで逮捕された浜松市東区の48歳の無職の男は19日午前0時ごろ、浜松市中区で軽乗用車を酒気帯び運転した疑いが持たれています。警察によりますと、男は追突事故を起こし、自ら110番通報し、その後の検査で基準値を超えるアルコールが検出されたということです。事故によるけが人はいない、ということです。

This article is a sponsored article by
''.