静岡県熱海市の土石流災害で被災者らの意見を復興計画に反映させる、2回目のワークショップが26日、行われました。
画像: 土石流災害で避難生活続ける被災者の声を「復興計画」に 「坂道が多いのでカーシェアを…」 静岡・熱海市 youtu.be

土石流災害で避難生活続ける被災者の声を「復興計画」に 「坂道が多いのでカーシェアを…」 静岡・熱海市

youtu.be

 熱海市役所でのワークショップには、避難生活を続ける伊豆山地区の被災者ら27人が参加しました。2回目の26日は、グループに分かれ街並みや防災態勢などハード、ソフト両面で8つのテーマについて意見が交わされました。

 街並みに関する議論では「坂が多い街なので、カーシェアなど住民が坂で苦労しない街並みになればいい」などの要望が出されました。また、別の参加者からは伊豆山地区に住民が早く戻れるよう国や県、市などの支援拡充を訴えました。

 ワークショップは9月まで月に1度開かれます。

This article is a sponsored article by
''.