末端価格およそ66万円相当が押収されました。営利目的で乾燥大麻を所持していたとして、指定暴力団組員の男が逮捕されました。
画像: 末端価格66万円相当… 営利目的での大麻所持の疑いで男を逮捕 静岡・三島警察署

 東京都板橋区の指定暴力団住吉会系の組員の男(43)は5月19日、自宅で乾燥大麻およそ110グラム、末端価格66万円相当を営利目的で所持した疑いが持たれています。男は5月に覚せい剤を営利目的で他人に譲渡した疑いで、逮捕されていました。
   
 この事件で警察が自宅を捜索したところ、ビニール袋115袋に分けられた乾燥大麻や量り、注射器などが見つかったということです。警察は男が、組織的に大麻や覚せい剤を売っていた可能性も視野に調べています。

This article is a sponsored article by
''.