富士市の許可を受けずに規制を大幅に超える盛り土をしたとして、50代の男女が逮捕されました。
画像: 静岡・富士市内に無許可の盛り土をした疑いで男女を逮捕 県内外の運送業者から建設残土を受け入れたか

 富士市土砂埋め立て等規制条例違反の疑いで逮捕されたのは、いずれも山梨県の残土処分業の男(58)と美容師の女(59)です。2人は2018年8月から今月にかけ、富士市大淵で市の規制を大幅に超えるおよそ8800平方メートルにわたり盛り土をした疑いが持たれています。2人は自身が所有する土地に県内外の運送業者から建設残土を受け入れていて、盛り土は5万立方メートル、高さは最大7メートルに及んでいました。

 警察によりますと男は容疑を認めていますが、女は「報酬の管理をしていただけ」などと話しているということです。

This article is a sponsored article by
''.