静岡県森町の小國神社では茅の輪くぐりが行われました。この神事には参拝者らおよそ500人が参加しました。夏越の大祓式と呼ばれる茅の輪くぐりは古代からの夏の伝統行事で、小國神社では3年ぶりにコロナ禍前に近い形で行われました。参拝者はチガヤで出来た直径2メートルほどの輪を一礼してからくぐり、残りの半年を清々しく過ごせるよう祈りました。
画像: 古代から伝わる夏の神事「茅の輪くぐり」 静岡・森町の小國神社 youtu.be

古代から伝わる夏の神事「茅の輪くぐり」 静岡・森町の小國神社

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.