静岡県内は1日も猛烈な暑さとなり、県内で31人が熱中症の疑いで搬送されました。
画像: 静岡県内でも猛暑続く 31人が熱中症の疑いで搬送 適切なエアコン利用など熱中症対策を youtu.be

静岡県内でも猛暑続く 31人が熱中症の疑いで搬送 適切なエアコン利用など熱中症対策を

youtu.be

原川記者:
「浜松市天竜区の川では子どもたちが水遊びを楽しんでいます。きょうも日差しが強いですが、きのうに比べると風があり水もひんやりしていて気持ちいいです」

 1日も強い日差しが照りつけた静岡県内。浜松市天竜区の佐久間では午前11時までに36・5度の猛暑日となりました。川根本町は35・3度と5日連続の猛暑日に。このほか三島で34・3度、松崎で33・4度と県内4つの地点でことし最高を更新しました。

 熱中症の疑いで搬送される人が梅雨明け以降急増していて、静岡県内で1日には31人が搬送されました。このうち藤枝市内の小学校では、5年生の児童3人が調理実習の後に吐き気などを訴え病院に搬送されましたが、いずれも軽症です。

 政府は全国に節電要請を出していますが、無理のない範囲でエアコンを活用するなど熱中症対策をとってください。

This article is a sponsored article by
''.