24日、高校野球の準々決勝が行われベスト4が出そろいました。3大会連続の甲子園を目指す静岡高校と掛川西の一戦は手に汗握る投手戦となりました。
画像: 【高校野球静岡大会】静岡高-掛川西 9回2アウトに勝負が決着…投手戦を制したのはどちら!?

 静高の先発・吉田優飛。そして、掛西の先発・岩澤がそれぞれ好投。7回まで両チームともスコアボードに0が並びます。

 8回、静高は先頭バッター知念が右中間へのスリーベースでチャンスを作ると、打席には8番・猪また。レフトへの犠牲フライで3塁ランナーがホームイン、ついに静高が先制します。

 1点を追いかける掛川西は9回2アウトランナーなしで2番・今駒。サード強襲のヒットで出塁。その後、2人がフォアボールを選び満塁に。一打逆転のチャンスを作り5番・山本。

 打球はライトの頭上を超える逆転の一打、走者一掃のタイムリーツーベース、掛川西が土壇場で試合をひっくり返します。

 そして、9回裏2アウト。最後は、逆転打を放った山本が4番・吉田を三振に取りゲームセット。

 掛川西が第二シード静岡高校を3対1で下し、2年連続の4強進出を決めました。

This article is a sponsored article by
''.