高校野球静岡大会準決勝第2試合は去年の覇者静高を破り勢いに乗る掛川西と春夏連続の甲子園を目指す日大三島の対戦です。
画像: 投手戦の決着は延長13回…日大三島が春夏連続甲子園に王手 逆転サヨナラ勝ちで掛川西を破る /夏の高校野球静岡大会 youtu.be

投手戦の決着は延長13回…日大三島が春夏連続甲子園に王手 逆転サヨナラ勝ちで掛川西を破る /夏の高校野球静岡大会

youtu.be

 日大三島はエース松永が、ランナーを出しながらも要所を締める安定したピッチング。掛川西も岩澤、黒羽の早い継投で日大三島に得点を与えません。

 試合が動いたのは7回、掛川西はツーアウトからヒットとフォアボールで2塁、1塁のチャンス。ここで3番・狩俣がショートの頭を越すタイムリーヒット。待望の先制点を奪います。

 追いつきたい日大三島は8回、2アウト1塁から3番・池口。掛川西の中継が乱れる間に1塁ランナー寺崎が一気にホームへ。試合を振り出しに戻します。

 1対1のまま譲らず、延長13回。ノーアウトランナー1塁2塁から始めるタイブレークへ。

 掛川西は7番・松本がバントを決め、ランナーを進めます。打席にはピンチヒッターの古川のセンター前ヒットで2人がかえり3対1。

 後がない日大三島はその裏、1点を返すとなおも1アウト満塁でバッターは4番・松永の当たりが内野安打となり同点。さらに5番・野口の打球は浅いレフトフライ。3塁ランナー島田が好判断でタッチアップ。劇的なサヨナラ勝ちで日大三島が春夏連続甲子園に王手を掛けました。

日大三島 野口央雅選手:「みんながつないでくれたので、絶対かえしてやろうと。あの場所に戻れるよう全力で頑張りたい」

This article is a sponsored article by
''.