静岡市の清水港と伊豆市の土肥港を結ぶ駿河湾フェリーの6月の利用者数は、運賃半額キャンペーンや好天に恵まれたことなどから、前年を大幅に上回りました。
画像: 駿河湾フェリー(静岡・清水港~伊豆・土肥港)6月の利用者数が前年に比べ大幅増 運賃半額キャンペーンや好天に恵まれ 静岡 youtu.be

駿河湾フェリー(静岡・清水港~伊豆・土肥港)6月の利用者数が前年に比べ大幅増 運賃半額キャンペーンや好天に恵まれ 静岡

youtu.be

 ふじさん駿河湾フェリーによりますと、6月の駿河湾フェリーの利用者は8158人で、去年の同じ月と比べて5700人余り増えました。そのうち乗用車の利用は1400台余り増え、2220台。二輪車は267台で、過去2番目の多さとなりました。去年は0台だったバスの利用が53台と、団体客の利用に復調傾向がみられました。

 新型コロナの感染拡大という不安材料もありますが、駿河湾フェリーでは
運賃半額キャンペーンを今月末まで延長することを決めています。

This article is a sponsored article by
''.