浜松市は5日、市民1人に健康保険証を送付する際に、誤ってDV被害者のリストを一緒に送付したと発表しました。
画像: DV被害者のリストを市民に誤送付 39世帯66人分の個人情報記載 浜松市 youtu.be

DV被害者のリストを市民に誤送付 39世帯66人分の個人情報記載 浜松市

youtu.be

 浜松市は、7月15日にDV被害支援の対象になっている市民1人に国民健康保険証を発送する際、誤ってDV被害者のリスト3枚を同封して発送しました。

 リスト3枚には合わせて39世帯66人分の個人情報が記載されていて、4日、送付された市民から市に連絡があり、発覚したということです。

 リストを処分する際に、枚数などを確認していなかったことが原因で、今後、再発防止の徹底を図るとしています。
 
 また、誤送付したリストはすでに返却されていて、市は情報が漏えいした市民に個別に説明をする方針です。

(8月5日放送)

This article is a sponsored article by
''.