自動車メーカー・スズキが4月から6月期の決算を発表し、営業利益は97%減少しました。
画像1: 0804yD vimeo.com

0804yD

vimeo.com

 スズキによりますと、4月から6月までの第1四半期の決算は、売り上げが4253億円で、去年の同じ時期より53・1%のマイナスとなりました。営業利益は13億円と97・9%の減少で、大幅な減収減益です。
 新型コロナの影響で、製造拠点を置く日本やインド、パキスタンで
生産を停止し、世界各国で販売が低迷したことを最大の要因に挙げています。
 今後の業績予想については、主力のインドで新型コロナ感染拡大が続いていることから、算出することが難しく、引き続き未定としています。

This article is a sponsored article by
''.