きょうも静岡県内各地で35度を超える猛暑日となりました。
 きのう国内最高となる41・1度を観測した浜松市。気温はきょうも35度を超えて猛暑日となり、7日連続の最長記録となりました。
画像1: 0818YA vimeo.com

0818YA

vimeo.com

 きょうも静岡県内各地で35度を超える猛暑日となりました。
 きのう国内最高となる41・1度を観測した浜松市。気温はきょうも35度を超えて猛暑日となり、7日連続の最長記録となりました。
 きょうの県内は高気圧に覆われておおむね晴れました。きのう国内最高タイとなる41.1℃を観測した浜松。きょうの最高気温は35.2℃まで上がりました。
 海から吹く風が入り、きのうと比べると気温の上がり方は緩やかでしたが、強烈な日差しが気温を押し上げ、猛暑日となりました。
 浜松では今月12日から35℃を超える猛暑日が続き、きょうで7日目連続。観測史上最も長くなりました。
 また県内各地でも猛烈な暑さとなり、最高気温は三島で36.9度、静岡で35.3度まで上がるなど、県内7地点で、猛暑日となりました。
浜松市民:「暑いので水遊びをしていました。あそこの噴水で。まだ昨日よりは若干涼しい感じはあするけどでも暑いです。やっぱり」
記者:どうですか今年の暑さは?
浜松市民:「しんどいです。子どももいるのでずっと家でクーラーつけっぱなしで過ごすしかない」
 県内各地でも猛烈な暑さとなり、最高気温は三島で36.9度、静岡で35.3度まで上がるなど、県内7地点で猛暑日となりました。静岡では今年10回目の猛暑日で、年間最多記録と並びました。
 この暑さで、県内では50人が熱中症で搬送されました。
 暑さのピークは超えつつあるものの、あさってごろまでは猛烈な暑さとなる所があり、引き続き熱中症に注意が必要です。

This article is a sponsored article by
''.