安倍総理大臣が体調不良を理由に辞任を決断しました。静岡県内からは驚きの声や辛口な評価です。
画像1: 0828ya vimeo.com

0828ya

vimeo.com

安倍総理:「病気と治療を抱え、体力が万全でないという苦痛の中、大切な政治判断を誤ること、結果を出せないことがあってはなりません」  安倍総理は先ほど会見を開き、持病の潰瘍性大腸炎が再発したことを理由に辞任を表明しました。定例会見中に飛び込んだ安倍総理辞任の報道を受けて川勝知事は。
静岡県 川勝平太知事:「ご本人の体力が衰えると、気力もどうしても萎えてきます。したがって的確な判断ができなくなる可能性もあります。体調は第一次安倍内閣の時もギリギリまで耐えられた。そういう方だと思います。ギリギリまでともかく全力投球しているということなのでしょう」  一方で、連続在職日数が歴代最長となった安倍政権の評価については、看板政策の「アベノミクス」に辛口の評価です。
川勝知事:「株価が上がると、景気回復しているという数字も一方ではあるわけです。しかし、今の時点で見ると極めて厳しい。アベノミクスという金融財政を中心にした経済対策というものの、限界が見えたと私は思っている」

県民の受け止めは…

 県内でも新聞の号外が配られ、驚きが広がりました。 島田市 30代会社員:「驚きです。本当ですか…えっ病気?」

静岡・清水区 20代大学生:「体調悪そうだなと思っってたので、顔色悪いかなとも思っていました」

 一方、新型コロナウイルスの収束が見えない中で、バトンを次に託すことには厳しい声もありました。

磐田市 60代男性会社員:「もう少しきちっと対策を発表してからの方が良かったかなと思います」

静岡市 30代女性会社員:「まだコロナの問題も全然片付いていないので、よほど何かやめないといけない理由かなという感じはします。もうちょっと続けていただきたかったとは思う」

This article is a sponsored article by
''.