台風10号の影響で県内はあさって8日にかけ、雷を伴った激しい雨や局地的に非常に激しい雨が降る見込みで、気象台は土砂災害などに警戒を呼び掛けています。

●藤井章人記者
「静岡市の海岸です。普段より波が高くなっていて打ち寄せる波が波消しブロックにあたり白いしぶきを上げています」

正午過ぎの静岡市の海岸には、うねりを伴った波が次々と打ち寄せていました。

静岡地方気象台によりますと、台風10号の影響で県内はあさってにかけて暖かく湿った空気が流れ込み続ける見込みです。あす午後6時までの24時間雨量は、多いところで300ミリで警報級の大雨となる見込みです。

気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けています。

また、JR東海はあす東京~広島、博多間を運行する新幹線、上下線合わせて100本について、運行区間を変更します。

画像: 静岡市の海岸では、6日正午過ぎの時点で高波が見られた。

静岡市の海岸では、6日正午過ぎの時点で高波が見られた。

This article is a sponsored article by
''.