静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社では、子どもの成長を祈る七五三に配る千歳飴の袋詰め作業が始まりました。
画像1: 0916yj vimeo.com

0916yj

vimeo.com

 11月15日に参拝するのが、一般的な七五三。ことしは新型コロナの影響で、混雑を避けるため、参拝客が前倒しで来ることを想定し、例年より1カ月作業を早めたと言います。
 4人の巫女が富士山などが描かれた袋に、紅白の飴を入れ、お守りと絵馬を笹の葉で結び付けていきました。
 ことしは2200個用意するということです。

This article is a sponsored article by
''.