安倍前総理の突然の辞任には誰もが驚きましたが、実は総理交代を予言!? していた生き物がいました。それは伊豆半島にいるニホンザルです。

総理交代を予言…!?

画像1: 総理交代を予言…!?

波勝崎モンキーベイ 静岡・南伊豆町

 安倍前総理の突然の辞任には誰もが驚きましたが、実は総理交代を予言!? していた生き物がいました。それは伊豆半島にいるニホンザルです。

画像2: 総理交代を予言…!?

17代目・伊豆の進次郎も長期政権

 約300匹のニホンザルが生息している静岡県南伊豆町の波勝崎モンキーベイ。群れで生活をするニホンザルの中にはボスザルがいますが…。実は、総理交代とボスザルの交代が、微妙に一致するというジンクスが昔からあるんです。  例えば、1993年に13代目のボスザルになった伊豆の佐太郎と同じ年に細川護熙氏が総理に。2000年、14代目に就任した伊豆の錦四郎と同じ年に森総理が誕生。伊豆の鶴吉がボスザルになった2006年は安倍前総理が初めて総理になりました。さらに、安倍さんが2度目の総理になった8年前は若手有望株だった小泉進次郎さんから名前をとった17代目の伊豆の進次郎がボスに就任しました。

画像3: 総理交代を予言…!?

18代目ボスザル

 そして今年3月、菅総理よりも少し早くボスザルが交代。 波勝崎モンキーベイ 五十嵐崇裕さん:「これがボスザル。エサを食べるのに一番近くに寄ってくるのがボスザル」

 まだ名前がない18代目のボスザル、年は推定15歳から20歳と働き盛り。  

 菅総理とボスザルの天下はいつまで続くのでしょうか!?

This article is a sponsored article by
''.