静岡市の田辺市長の肝いり事業、清水庁舎の移転と海洋文化施設の整備は凍結されています。市議会では大型事業見直しに関する質問が相次ぎました。
画像: 大型事業凍結で質問相次ぐ 市長「停滞した社会経済状況から脱却し、反転攻勢する基盤つくる」 静岡市議会 youtu.be

大型事業凍結で質問相次ぐ 市長「停滞した社会経済状況から脱却し、反転攻勢する基盤つくる」 静岡市議会

youtu.be

自民党 遠藤市議:「それぞれの事業の今後をどう進めていくかということは、まだ十分な説明がなされていないと感じている。市長の思いと今後の取り組みの考え方はどのようなものでしょうか?」

静岡市 田辺信宏市長:「命を守るための取り組みを最優先に進めてきた。(今後は)停滞した社会経済状況から脱却し、反転攻勢の基盤を作ることにも合わせて注力をしていかなければならないと考えている」

 田辺市長が重点を置く大型事業、清水庁舎の移転と海洋文化施設の整備。新型コロナ対策を優先することや民間事業者の参入が消極的であることを理由に凍結を決めました。

田辺市長:「昨今の社会情勢に柔軟に対応しながら、コロナ禍の危機を機会へと変えていきたいという決意をもって、引き続き世界に輝く静岡の実現を目指して歩みを進めていきたい」

 事業への意欲を示した田辺市長でしたが、再開の具体的な時期などは示されませんでした。
 
 別の市議からも質問が。

創生静岡 風間市議:「コロナ禍以降、新清水庁舎建設事業に対する市民の目は一層厳しくなっているが、市の認識はどうか」

 市長は答弁を避け、市の担当者が「コロナ禍の新しい庁舎の在り方を検討する」と答えるにとどまりました。

This article is a sponsored article by
''.