静岡県警によりますと、7月と8月の山での遭難件数は去年より53件少ない5件で、このうち1人が死亡しました。
画像: 7-8月の山岳遭難激減…いずれも単独登山 登山ツアー中止が相次いだからか 静岡県 youtu.be

7-8月の山岳遭難激減…いずれも単独登山 登山ツアー中止が相次いだからか 静岡県

youtu.be

遭難はいずれも単独登山者によるもので、新型コロナの感染拡大により、登山ツアーの中止が相次いだことが減少の要因とみられます。
 史上初めて夏山シーズンに閉山した富士山では、1990年以来30年ぶりに静岡県側で遭難者がいませんでした(富士山 去年43件)。
 一方、海や川での水難事故は26件で、去年より11件増加しました。今年は浜松市で国内最高気温に並ぶ41.1度を観測するなど県内で厳しい暑さが続いていました。

This article is a sponsored article by
''.