9月26日に開幕した高校サッカー選手権の静岡県大会。下田高校は1回戦で沼津城北高校と対戦しました。ただ、ピッチに立ったのはキーパーを含め8人。選手が3人も足りません。

下田高校サッカー部 窪田陽輔監督(きのう):「現在2年生だけで8人となります。3年生も5人いるんですけど、受験勉強のためにチームを離れました。下田市地域の中学校にサッカー部が存在しないというのが現状で、サッカー離れというか、サッカー人口の減少が、今年に関しては非常に大きいと思います」

 1年生の入部はなく、受験を控える3年生がチームを去ったため部員は2年生のみの8人となったのです。

 数で圧倒的に不利な下田は前半、沼津城北に先制点を許します。選手が3人足りない状況をカバーするには走るしかありません。

下田高校サッカー部 MF宇都宮翔選手(きのう):「そもそも1人抜けただけできついと言われるサッカーで、初めから3人いないのはとても大変なことなので、1人1人が走れるようにならないといけないなと思ったので、走ることはみんなで意識するようになっていました」

 後半、下田は積極的に走ります。走り続け、後半36分にチャンス。キャプテンの寺嶋選手が同点ゴールを決めます。そして、決着はPK戦へ。沼津城北は1人目、2人目が失敗。一方の下田は4人が連続で成功して勝利。選手交代もできない8人で、11人のチームを撃破しました。常識を覆す結果を出せた理由は強いつながりでした。

下田高校サッカー部 寺嶋洸キャプテン(きのう):「仲がいい分、強く言い合える部分もあると思うので、意思疎通ができていると思います。8人といっても、サッカーをやることが楽しくて、すごく楽しかったです」

 元々は決して仲がよかったわけではなかった8人。部員のサッカー経験に差があったことなどから、けんかもあったといいます。しかし、勝利を目指す同じゴールに向けて、本音をぶつけ合うことで、絆が深まりました。

 あすの2回戦は小山高校と対戦します。1回戦と同様、8人で挑みます。

下田高校サッカー部 寺嶋洸キャプテン(きのう):「もちろん勝つ気でいって 最後まで走りぬいて…、勝つ気でいきます」

This article is a sponsored article by
''.