静岡県は、御殿場市と小山町で採取された野生キノコから国の基準を超える放射性セシウムが検出されたと発表しました。
画像: 「健康に害を与える可能性」放射性セシウムの基準値を超える野生のキノコが採取 静岡・御殿場市 小山町 youtu.be

「健康に害を与える可能性」放射性セシウムの基準値を超える野生のキノコが採取 静岡・御殿場市 小山町

youtu.be

検査の結果、御殿場市の野生キノコのセシウム量は国の基準値100ベクレルを超える170ベクレル、小山町では130ベクレルでした。2011年の福島第一原発の事故の影響とみられていて、県は、「健康に害を与える可能性がある」としてこの地域に生育する野生キノコの採取や出荷を控えるように呼びかけています。

This article is a sponsored article by
''.