静岡県沼津市で女子大学生が刃物で刺され殺害された事件で、静岡地検沼津支部は逮捕された男の鑑定留置を1カ月、延長したと明らかにしました。
画像: 女子大生殺害容疑で逮捕の大学生 鑑定留置1カ月延長 静岡地検沼津支部

静岡地検沼津支部

 静岡県沼津市で女子大学生が刃物で刺され殺害された事件で、静岡地検沼津支部は逮捕された男の鑑定留置を1カ月、延長したと明らかにしました。  静岡県三島市の大学生の20歳の男は6月、沼津市西浦久連の路上で、当時19歳の大学生の女性を刃物で刺し殺害した疑いで送検されました。
 静岡地検沼津支部は容疑者の刑事責任能力の有無を判断するための鑑定留置期間を、当初、きのうまでとしていましたが、来月9日まで1カ月間、延長しました。延長の理由について「引き続き鑑定を要するため」としています。

This article is a sponsored article by
''.