1966年に旧清水市で起きたいわゆる袴田事件の裁判費用などを募るクラウドファンディングに、約1800万円の支援金が集まりました。
画像: 袴田事件の裁判費用募るクラウドファンディング 目標大きく上回る1800万円の支援金 youtu.be

袴田事件の裁判費用募るクラウドファンディング 目標大きく上回る1800万円の支援金

youtu.be

 8月に始まったクラウドファンディングは16日に終了し、目標の1000万円を大きく上回る1806万7000円の支援金が集まりました。支援者は1510人に上り、年代別では30代が最も多かったということです。

袴田秀子さん:「事件があったときには生まれていなかった若い方たちのご支援が大変多いです。改めて巌のことに関心を持っていただきました。大変ありがたいと思っております」

 クラウドファンディングで集まった支援金は、裁判や弁護団の活動費用に充てられるということです。

This article is a sponsored article by
''.