きょう開幕した高校野球・秋季東海地区大会で、静岡県の常葉大菊川高校は三重県の海星高校と対戦し、6対7で敗れました。

 静岡県の秋季大会2位の常葉大菊川は、三重県3位の海星と対戦。常葉大菊川は初回、2回で5得点を挙げリードします。しかし、中盤に海星に1点差まで迫られ、その後、9回に3点を奪われ逆転されます。常葉大菊川も9回、1点を返しましたが、6対7で敗れました。

This article is a sponsored article by
''.