<国内女子ゴルフツアー:樋口久子・三菱電機レディース>◇最終日◇1日◇埼玉・武蔵丘GC(6585ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)

 静岡県熱海市出身で22位タイスタートの渡邉彩香(27=大東建託)は、3バーディー、2ボギーの71で回り、通算1アンダーの16位タイで今季10戦目を終えた。1番パー5は、3日連続バーディーと幸先良かったが、3番、5番でスコアを落とし、7番、9番でバーディーを奪った。後半9ホールは全てパーとし、上位進出はならなかった。
 今大会は、国内ツアー約4カ月ぶり復帰の渋野日向子、年間獲得賞金ランク首位の笹生優花が予選落ちする波乱の中、渡邉は賞金93万8666円を積み上げて同ランク3位につけている。優勝は「プラチナ世代」の西村優菜(20)でツアー初制覇となった。

画像: 渡邉彩香

渡邉彩香

This article is a sponsored article by
''.