浜松市では親ウナギの放流が行われました。
画像: 資源回復のためウナギを放流 浜松市 youtu.be

資源回復のためウナギを放流 浜松市

youtu.be

ウナギの放流は舞阪漁港を出て遠州灘の
およそ100メートル沖合で行われ、
体長60センチほどの親ウナギ183匹が海に放たれました。
放流は不漁が続き絶滅の恐れもあるウナギの資源回復のため
地元の漁業組合などが7年前から行っています。
ウナギは産卵のためにマリアナ海溝に向かい、
生まれた稚魚は半年をかけ日本に戻ってくるということです。

This article is a sponsored article by
''.