浜松市議会11月定例会が開会し、一般会計の総額として10億4400万円の補正予算案が上程されました。補正予算案には、7月の豪雨により被災した国道152号の復旧にかかる追加費用や通行止めに伴う迂回路への交通整理費用など約7億3700万円が計上されています。
画像: 7月豪雨で被災の国道復旧や迂回路への交通整理など…浜松市が10億4400万円の補正予算案を計上 youtu.be

7月豪雨で被災の国道復旧や迂回路への交通整理など…浜松市が10億4400万円の補正予算案を計上

youtu.be

 また新型コロナウイルス感染症対策として、医療機関や軽症者宿泊療養施設へ患者を搬送する費用など約3億1700万円が盛り込まれています。

 11月定例会の会期は来月14日までで、補正予算を含む28の議案が審議されます。

This article is a sponsored article by
''.