静岡県沼津市で女子大学生が殺害された事件で、逮捕・送検されていた男が起訴されました。

 殺人と銃刀法違反の罪で起訴されたのは、静岡県三島市の20歳の無職の男です。起訴状などによりますと男は今年6月、沼津市内の路上や自動車内で、当時19歳の女子大学生を包丁で突き刺しました。さらに助けを求めて逃げ惑う女子大学生を追いかけて、包丁で複数回刺して、殺害したとされています。
 静岡地検沼津支部は、事件当時の男の精神状態を判断する鑑定留置を7月から今月9日まで行っていましたが、刑事責任能力があると判断され、起訴に至りました。
 捜査関係者によると、男は女子大生に一方的に好意を寄せていたとみられています。

This article is a sponsored article by
''.