静岡県内では3日、64人の新型コロナウイルス新規感染者が確認されました。東部地域の感染者は全体の4割近くに上り、県内全域で感染が広がっています。
画像: 【新型コロナ】静岡市の病床ほぼ満杯 県担当者「県全体に感染が広がりつつある」 静岡県64人が感染 youtu.be

【新型コロナ】静岡市の病床ほぼ満杯 県担当者「県全体に感染が広がりつつある」 静岡県64人が感染

youtu.be

 静岡県内では64人が感染し、浜松市で県内13人目となる感染者の死亡が確認されています。年齢や性別は公表されていません。

 静岡市の21人のうち1人は学校やアルバイト先が同じ集団で発生したクラスター関連です。発生が発表されたのは先月11日ですが、市は、現在も学校に通う人や職員ら合わせて460人に検査を実施していて、50人が結果待ちということです。関連する感染者は61人となりました。

静岡市保健所保健予防課 杉山智彦課長:「最終的に生徒職員全員にやって、今のところ5人が陽性。陽性率はかなり低い。少しづつ収束に向かっていると思う」

 また、市内の病院のコロナ病床について、「ひっ迫している」と危機感をあらわにしました。

静岡市保健所保健予防課 杉山智彦課長:「病院の入院の状況、病床はほぼいっぱいになってる。あと数床程度ではないか」

 今後、病床が足りなくなった場合は、他のエリアでの入院の調整を県に依頼するということです。

 また富士市で9人、伊東市で7人など県東部での感染者が目立つほか、函南町や森町などこれまで感染者が1けたの自治体でも感染が確認されています。

静岡県疾病対策課 後藤幹生課長:「県全体に感染者が拡大しつつある。どこに住んでいてもマスク、人との距離をとる。基本的な対策を改めてお願いしたい」

 重症者は10人と過去最多を更新しています。

This article is a sponsored article by
''.