難波副知事:「申し訳ないが補償はない。特措法に基づいて時短要請したときは、協力金が出るという形になる」
画像: 静岡県副知事、JR富士駅周辺エリア飲食店への時短要請を見送りも「行くのは控えて…補償はなし」

静岡県 難波喬司副知事(14日):「現時点では(時短要請を)かける予定はありません」

 ただ、県がこのエリアで行っている抗原検査で、検査を受けた1009人のうち13人が陽性だったといいます。陽性率は1.3%ということになります。

静岡県 難波喬司副知事(14日):「残念ながら富士市の特定地区においては、感染は拡大傾向にはないものの依然収束していない。感染が収束してないので、当面この地区の飲食店の利用を控えることを要請する」

 時短要請は見送るものの、「地区クラスター」の認定は継続するというのです。

静岡県 難波喬司副知事(14日):「今回は時短要請はしないで、行くのを控えてくださいとお願いしている。富士市の飲食店の方々は、ほぼ店を閉めるとか、時間を短縮して営業している。実質的な時短要請にはなっている」

Q:実質的に開店休業状態だと認めているが、これらの店に対しては何の補償はないのか?

This article is a sponsored article by
''.