静岡県掛川市では、冬の風物詩「干しイモ」作りが始まっています。
画像: 冬の風物詩・干しイモづくり 遠州のからっ風にさらして…静岡・掛川市 youtu.be

冬の風物詩・干しイモづくり 遠州のからっ風にさらして…静岡・掛川市

youtu.be

加工場では、ベテランのスタッフが、慣れた手つきで竹ヘラで皮をむいて形を整えます。「干しイモ」は約60年ほど前から糖度の高いサツマイモの品種「べにはるか」を使って行われています。

皮をむいたイモは屋外に移され、吹き付けて来る「遠州の空っ風」にさらして乾燥させます。この加工場では、来年2月までに約50トンの干しイモを作る予定だということです。

This article is a sponsored article by
''.