午後、川勝平太知事は沼津市の東部保健所を訪れ、初めて保健所を視察しました。出席した医師は、県東部のひっ迫する医療体制を説明し、医療現場への支援を訴えました。
画像: 静岡県知事「緊急事態宣言に応じた形の対応はしなければ」8日午前にも会見

●沼津市立病院 下山勝仁整形外科部長
「お正月で(感染者が)たくさん出ていて(病床使用率が)61%となっているが、実は、富士市は100%以上。僕らのやっている感触としては8割・9割でいつ100%になってもおかしくない現状。」

川勝知事は検査体制の拡充や地域の連携強化の重要性を強調し、職員に激励の言葉をかけました。

●川勝知事
「皆さんが年末年始を返上して頑張っていることは皆知っている。いま一番厳しい時だが一緒に頑張って直接的に応援できなくても、人・物・制度を充実させる方向で動くので、ここは頑張ってください。よろしくお願いします。」

視察を終えた知事は、きょう首都圏の1都3県に発令される緊急事態宣言についても言及しました。

●ON 川勝知事
Q:今後、国に緊急事態宣言の対象に静岡を含めることを要請する考えは?
「ありません、目下のところは。我々は爆発的感染拡大の状況とは違うし、よくここまで抑えられていると思う。ですから、隣県が緊急事態宣言を出したからすぐに静岡もということにはならない。しかし、緊急事態宣言に応じた形の対応はしなければいけない。」

川勝知事はあす午前にも会見を開き、今後の県としての対応について説明する予定です。

This article is a sponsored article by
''.