イギリスで流行する新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で確認されたことを受けて、20日夜、県の感染症専門家会議が開かれました。
画像: 静岡県の感染症専門家会議 20日

静岡県の感染症専門家会議 20日

 会議では、変異種について、まだ分からないことが多いものの、感染症対策はマスクや手洗いなど、これまでと変わらないことを確認しました。

 そのうえで、県内で市中感染が疑われる事例が全国で初めて確認されたのは偶然で、すでに全国に感染が広がっている可能性があるとの認識が示されました。また県はこれまで変異種の感染が確認された地域を、明らかにしていませんが、委員からは「今後、確認された場合、医療機関の対策を進めるため、どの保健所管内なのかなど公表すべきだ」という意見が出されました。これをうけて県は今後、公表する方針だということです。

This article is a sponsored article by
''.