第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)の選考委員会が29日に開かれ、創部100年の三島南が、静岡県勢で初めて21世紀枠で選出された。同校は春夏を通じて、初めての甲子園大会出場になる。

◆三島南高校 1919年(大8)に三島町立三島商として創立。49年から現校名に変更された。2001年(平13)に三島市二日町から同市大場に校舎を新築移転。全日制単位制普通科高等学校として新たな歩みを始めた。県内で初めて演技実習室を導入し、舞台芸術を学べる科目を持っている。制服は、ファッションデザイナー森英恵さんが手掛けたデザインで、紺を基調にしたブレザータイプ。野球部は1921年(大10)に創部し、今年で100年目。春夏通じて甲子園初出場。主な出身者は、歌手研ナオコ(中退)、作曲家の斉藤恒芳氏。

画像: センバツ初出場決定を喜ぶ三島南の選手とマネジャー

センバツ初出場決定を喜ぶ三島南の選手とマネジャー

This article is a sponsored article by
''.