義理の母を殺害し、現金を奪った強盗殺人などの罪に問われている男の裁判で、検察側は無期懲役を求刑しました。
画像: 検察「警察に連絡せず現金奪ったのは不自然」と無期懲役を求刑 弁護側「強盗殺人は第三者の犯行の可能性」 静岡地裁

 住所不定の無職の37歳の男は2017年10月、当時62歳の義理の母を殺害して、現金約300万円を奪い、遺体を静岡市駿河区の山中に遺棄した罪などに問われています。

 被告は強盗殺人について無罪を主張していて、義母を殺害した犯人が被告であるかどうかが争点となっています。

 検察側は「グーグルマップで義母のアパート周辺や死体遺棄現場を連続して検索していた。警察に連絡せず、現金を奪ったのは不自然極まりない」などと主張しています。

 5日の裁判で検察側は「悪質で非情な犯行。反省の態度も乏しい」として、被告に無期懲役を求刑しました。

 一方、弁護側は死体遺棄は認めたものの、強盗殺人は第三者による犯行の可能性もあるとして、懲役2年6カ月が妥当と主張しました。

 判決は19日に言い渡されます。

This article is a sponsored article by
''.