女性蔑視発言で辞任を表明した東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長。
森会長を擁護したともとれる発言をしていた川勝知事も急遽、取材に応じました。
画像1: 森会長正式に辞任表明 静岡県知事は「どのように感謝申し上げていいか」

〇 森会長 午後3時すぎ
「私の不適切な発言があり、大変に混乱をしてしまいました。本日を持ちまして、会長を持することを改めて正式に表明をし、どうぞご了承をと思います。」
東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会が午後開いた臨時の会合。
冒頭で、女性蔑視発言が問題となっている森喜朗会長は、およそ7年間務めた組織委員会の会長職を辞任すると表明しました。

謝罪会見から1週間での辞任に、この人の胸中は。
静岡県の川勝知事は午後、県庁で聖火リレーの実行委員会に出席しました。

●川勝知事 会議冒頭あいさつ
「聖火についての指針が組織委員会から示された。/それを受けて今回第9回の成果に関わる実行委員会を開設する。よろしくお願いします。」

森会長について「余人をもって代えがたい」、「ユーモアのつもりで言葉が過ぎるのが欠点」評していた川勝知事。
森会長が正式に辞任を表明したことについては―。

画像2: 森会長正式に辞任表明 静岡県知事は「どのように感謝申し上げていいか」

●川勝知事 午後3時40分ごろ
「辞任を表明されましたか・・・なるほど」
Q受け止めは?
「元々そうお決めになったことだと思うが、きょう正式に表明されたということですが、
森会長はオリンピックにおいて自転車競技を本県に持ってくることについてベロドロームに何度も足を運ぶ、富士スピードウェイが会場に決まった時にも同じようにされ、その恩義は本当に深いものがある。どのように感謝を申し上げていいかわからないぐらい。
我々としてはこうしたことの上に延期されたオリ・パラを迎えるので、
万全の体制、感染対策をしっかり取って、組織委員会、関係市街、県民の全ての方々とワンチームになって開催が予定されている聖火リレー、オリンピック・パラリンピックを成功に導くことが恩返しかなと思う。」
Q:(森会長の)女性蔑視発言については?
(無言で立ち去る・・・)

This article is a sponsored article by
''.